療育で自信をつけながら子どもの成長を促していきます。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

発達障害は、ASD(自閉症スペクトラム)、LD(学習障害)、

ADHD(注意欠如多動性障害)などに分類されていて、

それぞれに様々な特性を持ちますが、

1つだけではなく複数の障害特性を持ち合わせている

ケースもあります。

 

そしてその持っている特性によって、苦手なことが多く出てきます。

誰にでも得意なことと苦手なことはあるものですが、

その差が大きいために日常生活で支障をきたしてしまうことが

あります。

療育では、その子の特性や特徴に合わせて

苦手に配慮しながら、得意な面を積極的に伸ばしていき、

その子の自信につなげていきます。

 

まだ得意なことが見つかっていないという場合は

そこに固執せず、まずは好きなことから少しずつ興味・関心を広げ、

良い方向に導いていきます。

 

今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスの教室で

提供している運動療育プログラムの中から

「クマの姿勢で足じゃんけん」をご紹介します。

 

子ども達は2人組になり、向かい合ってクマに変身します。

クマは、四つん這いから膝とお尻を上げた姿勢です。

そこから顔を上げて相手を見ながら、タイミングを合わせて

足でじゃんけんをします。

 

足じゃんけんは、自分の足が見えない状態で足を動かし

グー、チョキ、パーを正確に出す必要があるので、

体を思い通りに動かす力や空間認知力が養われます。

また、軽くジャンプをするような動きになるので

体を支えるための腕の力、下半身を持ち上げるための腹筋や背筋、

そしてバランス力なども育ちます。

 

最初はじゃんけんのタイミングを合わせるのが難しいことも

ありますが、ペアでの遊びは社会性を育てる基本になるので、

無理のない範囲で進めていくようにしています。