自信を育てる療育で効果的に子ども達の力を伸ばします。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

発達障害では、発達の進み方に凹凸があり、

得意なこともありますが、苦手なことやできないことが多く

日常生活のあらゆる場面で困難さがあるのが特徴です。

そして、どんな特性を持っていてどんな困りごとがあるのかは

1人1人違うので、一斉指導ではなく個別に対応することが

必要になります。

そうすることで、子どもが本来持っている力を

発揮しやすくなり、ストレスの少ない環境で

しっかりと力をつけていくことができます。

 

こどもプラスの教室では、1人1人に合わせた療育で

子ども達がたくさんの成功体験を積み重ねながら、

自信や自己肯定感を高めて成長していけるように、

さらにそこから将来の自立にも

しっかりとつなげていけるように活動をしています。

 

今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスの教室で

提供している運動療育プログラムの中から

「コウモリでなぞなぞゲーム」をご紹介します。

 

鉄棒に肩幅でつかまって、両手の間に足を入れて
逆さまにぶら下がり、コウモリになります。
この状態のままで、なぞなぞやクイズに答えて遊びます。

 

逆さまにぶら下がった状態だと、見えているのは

逆さまの世界です。

なので、普段よりも判断力が低下した状態になります。
その中で問題を聞き、答えを考えて判断するのは
意外と複雑で難しいことです。

そのため、より思考力や判断力、集中力などが養われます。

まずは簡単な問題から挑戦し、慣れてきたら〇×クイズや
シルエットクイズ、動物の鳴き声当てなど

それぞれに合った楽しいやり方で遊んでいきます。

 

運動は成功体験を積みやすい活動なので、

スモールステップでよりたくさんの成功体験を

積み重ねながら、子ども達の成長につなげていきたいと思います。