屋内でできる運動あそびで上手にストレス発散しましょう。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

新型コロナウイルスの拡大に伴って、

突然休校や休園になったり、様々な場面で行動範囲が

制限されるなど、子ども達も不安やストレスを

ためていると思います。

 

できないことがたくさんある中で

うまくストレスを解消できるように、

できることを一緒に探してみたり、

家の中でできる運動あそびをやってみるのもおすすめです。

 

こどもプラスが提供している運動あそびは

専用の道具がなくても身近にあるもので代用できたり、

室内でも取り入れやすいものがたくさんあるので、

ぜひご活用ください。

 

今日は、放課後等デイサービスの教室でも提供している

運動療育プログラムの運動あそびから、

風船ボールを使ったあそびをご紹介します。

 

ビニール袋を使って作ると、手軽に安全に遊べて、

ボールよりも簡単に投げる動作の練習ができます。

また、割れても風船のように大きな音がしないので

割れる音が苦手な子でも安心です。

 

床に落ちないように息を吹きかけて競ったり、

袋の中に丸めた新聞紙を入れてボールのようにし、

的に当てて得点を競っても良いし、

ドッチボールのように陣地を分けて、

相手の陣地にできるだけたくさんのボールを

投げ込んだ方が勝ちというゲームもあります。

 

ボール遊びは、動くものを目で追うので

ビジョントレーニングにもなる遊びです。

運動面だけでなく、生活面や学習面にも大いに役立つ

力になるので、積極的に取り入れていきたいと思います。