子どもの成長は焦らず長期的な目で見ることが大事です。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

子どもの成長というのは、長期的な目で見ていくことが

実はとても大事なことなのですが、

どうしても短期的な目で見てしまうことが多い傾向にあります。

しかし、特に発達障害や、その特性を持つ子ども達では

長期的な目線で成長を見守っていくことが大切です。

 

何かをやったからこれができるようになるはずだと

結果を焦らずに、子どもの成長する力を信じながら

その子にとって良い方向に伸びていけるように

日々の関わりを大切にしていくことが必要です。

 

今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスの教室で

提供している運動療育プログラムの中から

「しゃがみカニ歩き」をご紹介します。

 

平均台の上に、横向きでしゃがんだ姿勢で乗ります。

両手は顔の横でカニのはさみのようにチョキにし、

足はつま先立ちで横に歩いていきます。

しゃがんだ姿勢での横歩きは、

足の稼働箇所が制限されるので意外と難しいです。

 

上半身を維持するバランス力と足で踏ん張る力が

強く必要になり、全身の筋力調整をする力が育ちます。

全身の筋力を調整できるようになるということは、

運動の技術向上だけでなく、日常の中で

体を止めて人の話を聞くといった力にもなります。

 

慣れてきたら、平均台の上に低い高さの障害物を置いて

またいで歩いてみるなど少しずつレベルアップを

目指し、いろいろな力や感覚を育てて

生活面、学習面、人間関係など様々な部分の成長に

つなげていきたいと思います。