運動療育では感情コントロール力も効果的に育てます。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

発達障害の特性を持つ子ども達では

感情のコントロールが苦手な子が多く、

そのために日常生活の中で感じるイライラや

ストレスへの対処にとても困っているということが

よくあります。

 

そうした時に、ストレスやイライラをなくそうとしても

難しいので、早めにクールダウンできるように

自分なりの方法を見つけておくことが大切です。

また、だんだんストレスやイライラを感じるのは

どんな時なのか傾向がわかってくるので、

その子の傾向を把握することや、

自分の感情に気付きにくいタイプであれば

可視化して教えてあげることなども必要です。

 

いずれにしても周囲のサポートがとても重要です。

そして、体を動かすこともストレスを和らげたり

感情コントロール力を育てるといったことにも

つながるので、1人1人に合わせたサポートを

行なっていくようにしています。

 

今日は、教室で提供している運動療育プログラムの中から

「スタート&ストップ」をご紹介します。

 

「スタート」の合図で動き、

「ストップ」の合図で止まります。

止まる時は、ぴたっと静止して

すぐに動き出さないようにします。

 

慣れてきたら、止まる時にポーズをとるようにします。

ストップの合図で、指導者がしゃがんだり、

動物の真似をするなどのポーズをとるので、

子ども達はそれを見て素早く真似をして止まります。

こうすることで、模倣力や相手のことを考える力の

育ちにつながります。

 

「動く」「止まる」というメリハリをしっかりと

つけることが脳に刺激を与え、

興奮と抑制のコントロールもできるようになって

いくので、メリハリを意識しながら

楽しく取り入れていきたいと思います。