発達に合わせた働きかけで効果的に力を育てていきます。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

日常生活の中では、衣服の着脱、食事、学習など

あらゆる場面で手先を使う動作があります。

これらはある程度の年齢になると

1人でできるようになりますが、

発達障害のある子ども達の中には手先が不器用で

なかなかできるようにならないという場合も

少なくありません。

 

少しずつ自分の力でできるように発達を促していって

あげることが必要です。

体は、中心に近い大きな筋肉から末端に向かって

発達していくものなので、

運動療育の中で子どもの発達に合わせた働きかけを

しながら段階的に力を育てていきます。

 

今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスの教室で

提供している運動療育プログラムの中から

「回転スキップ」をご紹介します。

 

両足を閉じた状態で、その場で回転しながら

ジャンプをします。
ジャンプは指導者のタンバリンの音に合わせて行います。

 

その場での連続ジャンプでは
腕振りと膝の曲げ伸ばしがポイントになるので、
意識できるようにしていきます。

初めから1回転ジャンプは難しいかもしれないので、
最初は半回転ジャンプでもOkです。


そして、ゆっくり一定のリズムのジャンプに
慣れてきたら、少しスピードを上げたり
リズムを不規則にしてみたりしながら
レベルアップを目指して遊びます。

 

ジャンプ遊びでリズム感やバランス感覚、
体幹の筋力などをしっかりと養っていき、

生活力の向上にもしっかりとつなげていきたいと思います。