症状や困り事は変化するので柔軟な支援が大切です。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

子ども達が成長していく過程では、

発達障害の特性や症状、困り事などが変化していきます。

小学校高学年や中学生の頃は、反抗期があったり

思春期の始まりで、対応が難しく感じることもあると思います。

 

小さい頃のように、何から何まで手を差し伸べる

必要はなくなってくることが多いです。

手厚い支援ばかりが子どもにとって良いわけではないので、

子どもの自主性を重んじながらサポートしていくという

ことも大事になってくるかもしれません。

 

成長をしっかりと見守りながら、その時のニーズに合った

適切な支援ができるように、私たちもご家庭と

連携を取りながら療育支援を行なっていきたいと思います。

 

今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスの教室で

提供している運動療育プログラムから

「すり足でジャングルツアー」をご紹介します。

 

跳び箱、鉄棒、マット、縄、コーンなど
いろいろな物を置いてコースを作ります。
コースの中には、ジャンプして渡るところ、
横向きや後ろ向きで歩くところ、くぐって進むところ、
バランスの悪いところなどを作り、
いろいろな動きができるようにしています。

 

このジャングルの中で、見つからないように
音を立てずにすり足で進むのがポイントです。

いろいろな種類の障害物があるので、空間認知力が養われ、
音を立てないようにすり足で歩くことで
バランス力や身体コントロール力、集中力なども育ちます。

 

普段転びやすかったり、ぶつかりやすかったりする子にも

おすすめの遊びです。

楽しく取り組めるように、一緒にコースを作ったりも

しながら提供していきたいと思います。