「見る力」「読む力」の向上で可能性の幅も広がります。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

LD(学習障害)の一つ、「ディスレクシア」では

文字を読むことが著しく苦手という特徴があります。

今は様々なツールがあり、困った時は頼れるものが

出てきていますが、やはり文字を読むということは、

学校での勉強だけでなく日常生活のあらゆる場面で必要で、

生きていく力になります。

 

そして、できることが増えれば将来の就労の幅の

広がりにもつながっていくので、

お子さんの理解しやすい方法で

読む力の発達を促してあげることも大切です。

 

私たちの教室では、学習サポートも行いますが、

子ども達の「見る力」を育てるビジョントレーニングなども

行い、多角的な視点で支援を行なっています。

より効果的な方法で確実に力をつけていけるように

サポートをしていきたいと思います。

 

今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスの教室で

提供している運動療育プログラムから

「ウルトラマンジャンプ」をご紹介します。

 

マットを複数枚用意し、間を50~80センチ程あけて

並べ、島に見立てます。

子どもはウルトラマンになって、島から島へ

大きくジャンプをして飛び移ります。

 

大きなジャンプをするためには、

腕をしっかり振り、ジャンプと腕振りのタイミングを

合わせることがポイントになります。

 

うまくできるようになったら島の数を増やして

連続でジャンプをしていきます。

この時、島と島の距離をランダムにしておくと

大きなジャンプと小さなジャンプを使い分けなければ

いけなくなるので、体の調整力や巧緻性も高まります。

 

1人1人の特性や興味関心事、課題などに合わせた

工夫で提供し、自主性を持って参加しながら

スキルアップが目指せるようにしています。