運動によって自律神経も整え療育の効果も上げていきます。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

今の子ども達の中には、様々な要因から

体温調節がうまくできず低体温や高体温になっている

子が多くみられます。

体温調節がうまくできないと、

朝からぼーっとしている、落ち着きがなく集中力に欠ける、

すぐにカッとなる、イライラしている、

というような症状が多くなります。

 

体温調節は自律神経の機能なので、

まずはたくさん体を動かして遊びながら

生活リズムを整えていき、

自律神経の働きを良くしてあげることが大事です。

 

特に発達障害や発達が気になる子ども達では

自律神経が乱れやすい場合があるので、

1人1人を丁寧に見ながらサポートをしていきます。

 

今日は、私たちの放課後等デイサービスの教室で

提供している運動療育プログラムから

「走り前回し跳び」をご紹介します。

 

縄跳びを持って、走りながら前回し跳びをします。

走る速さと縄を回す速さが合うように

スピードを調整しながらリズム良く行うようにします。

 

通常の前回し跳びに走る動作が加わることで

いろいろなことに意識を持っていかなければいけません。

勢いだけで行わず、ゆっくりでも良いので

走る速度と縄のタイミングを合わせるように

することがポイントです。

 

そうすることで抑制力や集中力、先を見通す力、

リズム感などがしっかり育ってきます。

1人1人の段階に合わせた方法で、

楽しく効率的にスキルアップを目指して遊んで

いきたいと思います。