将来の生きる力につながるサポートをしていきます。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

発達障害の特性を持つ子ども達には、

それぞれに様々な特性が見られます。

中には周囲が驚く才能のようなものや、

将来の職業につなげられる可能性のあるものなど、

本人の強みとして活かせるものもたくさんあります。

 

ただ、特性を強みとして活かせるようにするには

療育など周囲のサポートが欠かせません。

強みになるものがあっても、やはり他の場面では

様々な困り事があるからです。

 

子どものうちから療育を受けることで

困り事を減らしながら、

伸ばしてあげたい能力を良い方向に向かうように

しっかりと伸ばしながら、支援サポートを

していきたいと思います。

 

今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスの教室で

提供している運動療育プログラムの中から

「焼き芋ゴロゴロ」をご紹介します。

 

マットの上に寝転がり、

両手はバンザイで頭の上にまっすぐ伸ばして

手のひらを合わせます。

両足もまっすぐ伸ばしてくっつけておきます。

この姿勢のまま、マットの上を横に転がっていきます。

 

この遊びで、鉄棒遊びや前転、側転などに必要な

回転感覚の基礎が養え、姿勢保持に役立つ腹筋や背筋も

刺激することができます。

転がるだけの何気ない動きですが、

基礎力を育て全身の巧緻性を高めてくれる遊びなので、

いろいろな道具や遊び方の工夫で

たくさん遊びこんでいきたいと思います。