療育で不安やストレスを緩和できるよう工夫しています。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

今、これまで当たり前だった日常が一変し、

生活環境が大きく様変わりしています。

急激な変化に対応するのは、発達障害のない人にとっても

とても大変なことで、いつ誰が心身のバランスを崩しても

おかしくないような状況です。

 

そんな中で発達障害を持つ子ども達の中には

人一倍不安やストレスを感じている子が多く、

周囲のサポートが必要不可欠です。

また、特性として自分の感情や疲れなどに

気付きにくいということもあるので、

より丁寧に見てあげることが大切です。

 

生活環境を整えながら、しっかりと発散できる活動も

取り入れながらサポートをしていきたいと思います。

 

今日は、私たちの教室で提供している運動療育プログラムから

「ミニハードル走り」をご紹介します。

 

ミニハードルを並べたコースで、走りながら

ハードルを跳び越していきます。

最初は低めの高さのハードルで行い、

またぎ歩きから始めることもあります。

慣れてきたら少しずつ早く走りながら跳び越せるようにし、

コースも直線の他にカーブのあるコースにも

挑戦していきます。

 

こうした遊びで、空間認知力やバランス力、

身体コントロール力などを楽しく育てていき、

運動の場面や日常でのできることを増やして

自信にもつなげていきたいと思います。