楽しい活動で療育の効果も高めていきます。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

放課後等デイサービスの教室は

発達に課題のある子ども達が療育を受ける場所ですが、

決して子ども達ができないことや苦手なことを

強いる場所ではありません。

 

なので、子ども自身がやりたいことや興味があること、

できるようになりたいことなども大事にしています。

もし身に付けてほしい力がある場合にも、

その子が興味を持ってやってみたいと思えるような

工夫をしています。

そうすることで療育の効果も上がり、

子ども達にとっても満足できる楽しい時間になり

その後も良い循環になるからです。

 

その瞬間だけでなく、子ども達の成長を長い目で

見ながらサポートをしていきたいと思います。

 

今日は、私たちの放課後等デイサービスの教室で

提供している運動療育プログラムから

「色鬼」をご紹介します。

 

鬼が指定した色を触ればタッチされないという、

一般的な色鬼です。

語彙の認識や聞く力が刺激され、

判断力、瞬発力や、相手(鬼や周りの友達)の進路を

予測して自分の進むコースを決めることで、

先を読む力や考える力も養うことができます。

 

慣れてきたら、鬼が出す色の指示を「赤」だけでなく

「トマトの色」など表現を変えてみたりしながら、

少しずつ難易度を上げて遊んでみます。

 

鬼ごっこは、子ども達の発達に重要なとても多くの力を

育ててくれる遊びです。

いろいろな工夫やアレンジで楽しく遊んでいきたいと思います。